←sg社まとめTOPに戻る

■ヘアサロンとsatisfaction guaranteedとのライセンス契約について

  ●satisfaction guaranteedとライセンス契約を結んでいるヘアサロンについて

    2013/8/12現在では、4つのヘアサロンが、satisfaction guaranteedとライセンス契約を結んでいます。
    店舗とその経営会社は以下の通りです。

店舗名 オープン日 経営会社 備考
新宿店 2013/3/28 株式会社 A'Group  
大宮店 2013/3/28 株式会社LOINESS 京都店と同じ会社
札幌店 2013/3/28 株式会社ヘッドライト  
京都店 2013/5/31 株式会社LOINESS 大宮店と同じ会社

 
  ●これらのヘアサロンがsatisfaction guaranteedとライセンス契約を結んだ経緯について

    2012/11/27に、ビューティ総研の主催で、美容業界向けの講演会が開催されました。

         第2回 LoungeZERO
         サティスファクションギャランティードジャパン佐藤俊介氏
         「Made in Japan ブランドビジネスの可能性」

             第1部 「Made in Japan ブランドビジネスの可能性」

             第2部 「ブランドビジネスの可能性」

    詳しい経緯は明らかになっていませんが、この講演会でsatisfaction guaranteedの佐藤俊介氏は、

         「美容業界のみなさんとも、ぜひ何かご一緒できればと思います。

    と語っているため、この講演会をきっかけとして、ヘアサロンとのライセンス契約が進んだものと思われます。

 
   ●講演会で佐藤俊介氏が紹介したFacebook投稿事例は、全て著作権侵害投稿だった

    佐藤俊介氏は、この講演会の中でsatisfaction guaranteedのFacebookページの運用などを
    得意げに語っているのですが、紹介した投稿事例は、全て著作権侵害投稿だったことがわかっています。

         参考:
          複数の自治体が講演会で著作物のパクリ自慢をする会社と組んで海外進出するという悪夢 #sg問題

           
           

    講演会に参加した方は、これらの投稿が著作権侵害投稿であるとは思いもせず

         『ページを見ると、同社のロゴを潜ませたCOOLな写真がたくさん並んでいます。』

         『そして、その写真の面白さやしずる感の効果で、いまこの瞬間にもものすごい勢いでシェアされていく。』

         『そこで行われているのは「サティスファクションギャランティード=COOLな日本の会社」というブランドイメージ作り。』

         『「ロゴの浸透=ブランドの認知」に目的を置き、ウィットとしずる感で、Made in JAPANの質感を伝える内容になっている。』

    というプラスイメージの感想を持っているわけです。
    (上記の感想は、参加者のレポートページより抜粋したものです)

 
←sg社まとめTOPに戻る