« Visual C++ 2005SP1/2008/2008SP1 の再頒布可能パッケージの最新版 | トップページ | NiVE(NicoVisualEffects)の導入手順 »

2009年10月14日 (水)

NiVE(NicoVisualEffects)とはどんなソフトなのか。動画編集ソフト?動画加工ソフト?

NiVE(NicoVisualEffects)は、フリーのモーショングラフィックスソフトです。
代表的なモーショングラフィックスソフトとしては、「Adobe After Effects」などがあります。
では、「モーショングラフィックスソフト」とは何なのでしょう?

 
PhotoshopやGIMPなどの、いわゆる「グラフィックスソフト」で作品を作る場合、
絵や写真などの素材をレイヤーとして取り込み、それに対してブラシなどで
加筆・修正を加えたり、文字を書き込んだり各種フィルタ効果を適用したりして
作品を作り上げていきます。しかし、これによって出来上がるのは基本的に静止画です。
文字通り「止まっている絵」です。

これに対して、動画では「時間軸」が存在します。
「時間軸がある」ということは、
   「絵に変化(動きなど)をもたせることができる」
ということであり、動画作成では
   「時間にあわせて絵などの素材を変化させていく」
という作業を行なうことになります。
(もちろん「変化させない」というのも可能ですけれども。)

時間にあわせて素材に変化をもたせるため、
加筆・修正もフィルタ効果なども、時間を考慮して適用していくことになります。
例えば、
  「1分20秒の時点から10秒間かけて絵を徐々に透明にしていく」
  「5分10秒の時点から5秒間かけて画面に文字を横切らせる」
といった感じですね。
この、
  「時間軸に沿って素材に様々な変化を起こし、動きをもたせる」
という作業をしていくのがモーショングラフィックスであり、
それを行なうためのソフトウェアがモーショングラフィックスソフトということになります。
まあ定義は色々あるかもしれませんが、
  「複数の素材(動画、静止画、文字など)に、
   時間軸に沿った変化(動きやエフェクトなどの効果)をもたせ、
   動画(変化や動きのある絵)として組み上げるためのソフト」
と考えればよいかと思います。

NiVEにも、このための機能やエフェクト類が多数用意されています。
NiVEの機能の概要については、公式Wikiを見るか、以下の動画などを見て下さい。

      

また、NiVEは、
  「"動画編集ソフト"ではなく、"動画加工ソフト"」
だとよく言われます。
「動画編集ソフト」と「動画加工ソフト」の違いをあえて表現するなら、

  ■動画編集ソフト
    1本の動画作品を完成させるのに便利なソフト。
    動画の部品を単純につなげあわせたり、カットしたり、
    映像に音をあわせたりする作業がやりやすい。
    場面切替など、ちょっとしたエフェクトをかけたりすることもできるが、
    比較的単純なものにとどまることが多く、細かい合成などは苦手。

  ■動画加工ソフト
    ちょっと凝ったオープニング映像の作成など、複数の素材を複雑に合成して、
    動画作品の1部品を作成するのに便利なソフト。
    エフェクトなども充実しており、かなり細かく映像を作りこむことができる。

といった感じだと思いますが、その定義も、両者の境界も、わりと曖昧とも言えるでしょう。
NiVEが「加工ソフト」と言われるのは、

  ●細かい合成のための機能やエフェクトが充実している

  ●音声の扱いがちょっと苦手

  ●動画内を素早くシーク(検索)して必要な場面を探すような用途には不向き(UIや動作速度などの面で)

といった理由によるものと思われます。
もちろん音合わせなども、やろうと思えば出来なくはないのですが、
複雑な音合わせをやるような場合は、やはり別のソフトを使ったほうがよいでしょう。
まあ、「加工」「編集」といった言葉にはこだわらず、
  「色々なソフトを調べたり使ってみたりして、
   自分がやりやすいと思う動画作成方法を確立する」
というのが大事だと思います。
もっとも、自分は今のところそんな複雑な動画を作ったことはないので、
ほとんどの作業をNiVEだけで済ませちゃってるわけですが。 ( ´_ゝ`)

ついでに動画編集・加工ソフトと言われているものをいくつかリストアップしてみました。
実際に使ったことがなく、噂だけで判断しているものもありますし、分類も微妙ですが、
とりあえず参考程度に。

  ■動画編集ソフト

     ●フリーソフト

        ◎Windowsムービーメーカー (WindowsXP版WindowsVista版

        ◎Aviutl(拡張編集プラグイン)

        ◎Crystel Engine (加工寄りな気がしないでもない)

        ◎tracAxPC

        ◎Elis Colors (現在開発中) (Mac専用)

     ●有料ソフト

        ◎Corel VideoStudio (15日間の体験版あり)

        ◎Adobe Premiere (ElementsPro) (30日間の体験版あり)

        ◎Sony Vegas (MovieStudioMovieStudio Platinum EditionMovieStudio Platinum Pro PackPro) (30日間の体験版あり)

        ◎EDIUS (JNEOPro) (30日間の体験版あり)

  ■動画加工ソフト

     ●フリーソフト

        ◎NiVE(NicoVisualEffects)

        ◎Debugmode Wax (更新停止?)

        ◎Jahshaka (更新停止?)

        ◎Javie (現在開発中)

     ●有料ソフト

        ◎Adobe After Effects (30日間の体験版あり)

それぞれのソフトの特徴等については、「 ニコスタWiki 」がとても参考になると思います。

|

« Visual C++ 2005SP1/2008/2008SP1 の再頒布可能パッケージの最新版 | トップページ | NiVE(NicoVisualEffects)の導入手順 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/31783812

この記事へのトラックバック一覧です: NiVE(NicoVisualEffects)とはどんなソフトなのか。動画編集ソフト?動画加工ソフト?:

« Visual C++ 2005SP1/2008/2008SP1 の再頒布可能パッケージの最新版 | トップページ | NiVE(NicoVisualEffects)の導入手順 »