« DirectShowでFLVを再生するために必要なものの導入手順 | トップページ | MikuMikuDanceの背景AVI読み込みについて(関連:VFW入力とDirectShow入力) »

2010年1月19日 (火)

UtVideoコーデックの入出力形式をまとめてみました

なんとなく、UtVideo Codec Suiteの各コーデックが対応している入出力形式を表にまとめてみました。
readmeにある変更履歴や作者様のblog記事などからの抜粋ですので、間違ってるところもあるかもしれません。
 
可逆圧縮コーデックといえども、入出力形式や内部形式を考えて使わないと、必ずしも可逆にはなりませんので注意が必要です。
大雑把に言うと、例えばRGBのソースをYUV系のコーデックでエンコードすると劣化が発生します。
このへんもいつか記事にまとめてみたいと思ってます。

(2010.2.1追記)
 UtVideoの作者さんが、入出力形式についての情報を公開してくれました。
 正しい情報については、
作者様のブログエントリを参照して下さい。
 
 いちおう記事自体は残しておきます。
 

 
※重要
 以下の内容は記事を書いた時の残骸ですので、
 正しい内容は作者様のブログエントリを見て下さい。

 
-------

※2010年1月19日時点での情報です。 
※記事作成時のUtVideo Codec Suiteの最新バージョンは 7.0.2 です。 

UtVideo Codec Suiteの各コーデックが対応している入出力形式
(readmeの変更履歴からまとめたもの)
コーデック
(内部形式)
エンコード時の入力形式 デコード時の出力形式
RGB24 RGB32 RGBA YUY2 YUYV, YUNV,
UYVY, UYNV,
YVYU, VYUY
YV12 RGB24 RGB32 RGBA YUY2 YUYV, YUNV,
UYVY, UYNV,
YVYU, VYUY
YV12
ULRG
(RGB)

3.0.0

3.1.0
       
3.0.0

3.1.0
       
ULRA
(RGBA)
 
4.0.0

4.0.0
       
4.0.0

4.0.0
     
ULY2
(YUV422)

3.4.0

5.2.0
 
1.1.3

3.1.0
 
3.5.0

3.2.0
 
1.1.3
○?
3.1.0
 
ULY0
(YUV420)

5.1.0
遅い

5.2.0
遅い
 
5.3.0
遅い
 
5.0.0

5.1.0
遅い

5.2.0
遅い
 
5.3.0
遅い
 
5.0.0

※数字は、対応したバージョンを表す。
※「遅い」とあるのはreadmeで「とりあえず作っただけなので遅い」とあるもの。
  ( もしかしたらその後高速化が行なわれているかもしれませんが、特に記述が見当たりませんでした。)
※背景が紫の部分は、対応しているのかどうかがよくわかりませんでした。
※5.0.0以降は
    ULY2・・・横幅のピクセル数が2の倍数であること
    ULY0・・・横幅および縦幅のピクセル数が、ともに2の倍数であること
  という制限条件がある。
※6.0.0からインターレース映像に対応した。
※7.0.0からx64(64bit)バージョンが作成された。

|

« DirectShowでFLVを再生するために必要なものの導入手順 | トップページ | MikuMikuDanceの背景AVI読み込みについて(関連:VFW入力とDirectShow入力) »

コメント

GJです

投稿: | 2010年1月22日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/33044763

この記事へのトラックバック一覧です: UtVideoコーデックの入出力形式をまとめてみました:

« DirectShowでFLVを再生するために必要なものの導入手順 | トップページ | MikuMikuDanceの背景AVI読み込みについて(関連:VFW入力とDirectShow入力) »