« 初期ディレイカットしたMP4をニコニコ動画にアップロードした場合の問題点 | トップページ | NiVEのアニメ顔検出プラグイン「AnimeFace」で遊んでみた »

2010年4月 8日 (木)

AviUtlの拡張編集v0.81cで「シャドー(カメラ制御)」が実装されたようです

2010/4/5にAviutlの拡張編集プラグインversion0.81cというのがリリースされたんですが、
そのバージョンで「シャドー(カメラ制御)」が実装されていたので、サンプル動画を作ってみました。
3D空間に平行光源を置いて、他のオブジェクトに影を落とすことができます。

なにこれすごい。

動画の説明欄に書いてみましたが、作業手順は以下のとおりです。
  1.Layer1に「カメラ制御(拡張描画)」を追加。
  2.Layer2に「シャドー(カメラ制御)」を追加。平行光源の方向や影の濃さを設定。
  3.Layer3にキャラのBB動画を追加。クロマキーで背景透明化。
    設定画面右上の左側のボタンから「拡張描画」を選び、拡張描画オブジェクトにする。
    これで3D配置が可能になり、カメラ描画の対象となる。
  4.Layer4とLayer5に床と壁の図形オブジェクトを追加。3と同様に拡張描画オブジェクトにし、3D配置する。

大雑把に言うと、拡張編集では、素材を「拡張描画オブジェクト」にして「カメラ制御(拡張描画)」を使うことで、
素材を仮想3D空間上に配置してレンダリングすることができます。
AEやNiVEの3Dレイヤー(3Dレンダラ)と似たようなことができるわけですね。
「標準描画」が2Dレイヤー、「拡張描画」が3Dレイヤーといった感じです。

使い方次第で色々と面白いこともできます。ついでなので、前に作ったサンプル動画もペタリ。

少し前に出たv0.81からは、「カメラ制御オプション」というのも追加されており、
「特定のオブジェクトだけを常にカメラのほうに向かせる」ということも可能になっています。

なんか最近の拡張編集プラグインの進化っぷりは、おそろしいくらいですね。
作者のKENくん氏って、いったい何者なんだ・・・(((((((( ゚Д゚;)))))))

なお、拡張編集プラグインは、Aviutl本体のバージョンが0.99i5以上でないと動作しないので注意しましょう。
(ドキュメントでは0.99i4以上となってますが、0.99i4はバグがあったらしくリリースから消されています。)

|

« 初期ディレイカットしたMP4をニコニコ動画にアップロードした場合の問題点 | トップページ | NiVEのアニメ顔検出プラグイン「AnimeFace」で遊んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/34127043

この記事へのトラックバック一覧です: AviUtlの拡張編集v0.81cで「シャドー(カメラ制御)」が実装されたようです:

« 初期ディレイカットしたMP4をニコニコ動画にアップロードした場合の問題点 | トップページ | NiVEのアニメ顔検出プラグイン「AnimeFace」で遊んでみた »