« LAV Filters 0.35のインストール画面と設定画面のスクリーンショット | トップページ | 文字を3Dモデル化してAviUtl拡張編集に読み込ませる方法(立体テキストの作成) »

2011年9月27日 (火)

ffdshow tryouts rev3765での出力色空間の削減とその影響

2011/11/22追記:
  ・ffdshow tryouts rev4054で、RGB24出力が復活したようです。 


少し古い話になりますが、2011/02/25にリリースされたffdshow tryouts revision 3765において、

  - Removed some never used colorspaces (使われない色空間を削除しました)

という変更がありました。(ffdshow tryoutsのChangelogを参照)

どう変わったのか、rev3765以前とrev3765以降の「ビデオデコーダーの設定→Decoder→出力」の欄を見てみましょう。

■rev3765以前

Beforerev3765

■rev3765以降

Afterrev3765

 
「サポートされた出力色空間」の部分を見ると、rev3765以前は10種類あった色空間が、rev3765以降では5種類に減らされています。

 ●削除された色空間
    I420/IYUV、YVYU、RGB24、RGB16、RGB15

 ●残された色空間
    YV12、NV12、YUY2、UYVY、RGB32

「VFWの設定」のほうでも同様なのですが、色空間の中でも特にRGB24が削除されてしまったことで、

  「ffdshow tryoutsを更新したら、これまで読み込めていたはずの動画ファイルが読み込めなくなってしまった」

という現象が発生することがあります。

例としては、MikuMikuDance(MMD)の「背景AVIの読み込み」が挙げられます。
「背景AVIの読み込み」はVFW(Video For Windows)の仕組みを利用して作られているのですが、
どうやらRGB24でのデコード要求をしてくるようで、RGB24でデコードできないと読み込み失敗となります。
つまり、ffdshow tryouts rev3765以降のVFWデコーダーは、「背景AVIの読み込み」では直接使えないことになります。

対処方法は以前書いた下記の記事のほうに追記しましたが、他のアプリケーションでも
似たような問題が起きる可能性があるので、気をつけたほうがよさそうです。

  MikuMikuDanceの背景AVI読み込みについて(関連:VFW入力とDirectShow入力): さまよう金の髭

 
しかし、なんでRGB24まで削除しちゃったんでしょうね。
「うちのVFWアプリケーションにも影響出たんだけど::」と悲しんでる外人さんもいたようです。

  SourceForge.net: ffdshow: Detail: 3309952 - Problem with VFW in rev > 3750

|

« LAV Filters 0.35のインストール画面と設定画面のスクリーンショット | トップページ | 文字を3Dモデル化してAviUtl拡張編集に読み込ませる方法(立体テキストの作成) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/42066484

この記事へのトラックバック一覧です: ffdshow tryouts rev3765での出力色空間の削減とその影響:

« LAV Filters 0.35のインストール画面と設定画面のスクリーンショット | トップページ | 文字を3Dモデル化してAviUtl拡張編集に読み込ませる方法(立体テキストの作成) »