« HuffyuvS(末尾にSがつくもの)は基本的に使わないほうが良いというお話 | トップページ | 2012年1月末頃にJahshaka 3.0がリリースされるらしい »

2011年12月 6日 (火)

ffdshow tryoutsにRGB24出力が復活。更に10bit/16bitのYUV出力も追加。

以前の記事で書いたように、2011/02/25のrev3765でRGB24を含むいくつかの出力色空間を削除したffdshow tryoutsですが、
ffdshow tryoutsのchangelogを見ると、

  2011/11/20 rev4054: re-enable RGB24 as output color space

  2011/11/23 rev4064: add new output color space: 4:2:0 16-bit. P016, MFVideoFormat_P016

  2011/11/23 rev4067: add new output color space: 4:2:0 10-bit. (P010, MFVideoFormat_P010)

  2011/12/01 rev4099: add new output color space: 4:2:2 10/16-bit. P216/P216
                  or MFVideoFormat_P210/MFVideoFormat_P216

  2011/12/03 rev4103: add new output color space: AYUV and Y416, YCbCr 4:4:4 8/16-bit.

といった感じで、rev4054でRGB24が復活し、その後10bit/16bitの出力色空間の実装が進められているようです。
2011/12/05のrev4123の時点ではまだY410(10bitのYUV4:4:4)が実装されていませんが、これから実装されるのかな?
とりあえずRGB24出力が復活したことで、以前書いた
   「CravingExplorerでAVI保存したファイルをMMD(MikuMikuDance)の背景AVIに読み込む
という件も、以前のとおりVFW設定でMP42を有効にするだけでOKになりました。

しかし10bit/16bitの出力というのはこれからどの程度活用されていくのか、いまいちよくわからない・・・。

なお、rev4123時点での出力色空間の設定画面は以下のようになっています。
"Primary output color space"という選択ボックスは、優先する出力色空間を指定するためのもので、
2011/12/04のrev4121で追加されたものです。

Ffdshowrev4123outputcolor

|

« HuffyuvS(末尾にSがつくもの)は基本的に使わないほうが良いというお話 | トップページ | 2012年1月末頃にJahshaka 3.0がリリースされるらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/43281345

この記事へのトラックバック一覧です: ffdshow tryoutsにRGB24出力が復活。更に10bit/16bitのYUV出力も追加。:

« HuffyuvS(末尾にSがつくもの)は基本的に使わないほうが良いというお話 | トップページ | 2012年1月末頃にJahshaka 3.0がリリースされるらしい »