« RGB24の1677万7216色のうち、YUVが表せる色の数は? | トップページ | QuickTimeでMP4を再生すると映像が崩壊しますよというお話 »

2012年2月 1日 (水)

Jahshaka 3.0は2012年1月末にはリリースされなかった

以前の記事で、
  「2012年1月末にJahshaka 3.0がリリースされるらしい」
と書きました。
結果から言うと Jahshaka .3.0 は、日本時間の2月1日午前0時現在、いまだにリリースされていません。

 
Jahshaka公式サイトのカウントダウンがゼロになるのが日本時間の1/30 午前2時過ぎ頃の予定だったので、
とりあえず公式サイトがどうなるのか見てから寝るかーと思って待機してたんですよね。
でも、カウントダウンがゼロになっても何も起きません。

なんでだろうと思ってサイトのソースを見てみたら

  var austDay = new Date("January 30, 2012 02:15:00");

という感じで目標日時を生成して、それを元にカウントダウンしてたみたいなんですよね。
ええ、見てのとおりタイムゾーンの指定とかないんで、これは現地時間ってことですよね、何だそれ。

  で、開発者がいる現地ってどこよ?

という話になるのですが、Jahshaka公式blogのDonate(寄付)のページを見ると、

  Jahshaka is managed by the Solja Media Group, a non-profit organziation based in the United States.
  (訳: JahshakaはUnited Statesを拠点とするNPO「Solja Media Group」が管理しています)

と書かれてます。とりあえずアメリカっぽいですね。
アメリカのどこなのかはわかりませんが、日本とアメリカの時差は約17時間。
それまで待ってみましょうかねっということでのんびり待ってみました。

  東海岸が2:15を回った。 →変化なし。なぁに、まだまだこれからさ。
  西海岸が2:15を回った。 →変化なし。なぁに、まだハワイがあるさ。
  ハワイが2:15を回った。 →変化なし。なぁに、まだアメリカ領サモアやミッドウェー島があるじゃないか・・・。

そして世界中が1/30 2:15を過ぎたわけですが、結局何も起きませんでした。
公式サイトはカウントダウンがゼロになったまま何も変わらず、TwitterFacebookも完全沈黙。
Facebookのほうには、
  「寄付金詐欺だろ、これ」
  「開発者がハリウッドのギャングに誘拐されたんじゃねえの」
などというコメントも寄せられています。

ちなみに寄付金についてですが、公式blogの寄付ページを見ると、
日本時間の2/1の午前0時現在で以下のような感じになってました。

Jahshakadonate

ふむふむ。目標金額が1000ドルで、現在までに471.11ドル集まってるのかな。
ほとんど情報を出さないままこれだけ集まったというのは多いのか少ないのか。
クレジットカードだけでなくPaypalでの寄付もできるようになってますが、その分は入ってるのかな?
ちなみにさっきクレジットカードのほうのDonateボタンを押してみましたが、
  Can't write to Donation Can log file. Disable logging from settings or make the log file (plugin directory/log) writable to continue.
というエラーが出て、寄付できませんでしたw する気もありませんが。

寄付の説明欄を見ると

Please feel free to make a donation to the Jahshaka development fund!
Your donation will go towards the upgrade of the current Jahshaka 2.0 visual effects package
to support all the latest operating systems and the initial 3.0 beta release.

なんてことが書かれてますが、まさか目標額に満たなかったからリリースしなかったなんてことはないよね?w

開発者やテスター、企業スポンサーの募集もしていましたが、フェイクだったんでしょうか。
しかし詐欺にしてはなんだかしょっぱい感じもします。
471ドルという数字の真偽はともかく、今更Jahshakaにお金つぎ込む人なんてあまりいない気がするしなあ・・・。
詐欺師の目論見が外れただけか、小銭稼ぎ程度の考えだったのかもしれませんが、個人的には

   発表してみたものの反響や応募者が少なすぎてモチベダウンして雲隠れした

のほうが、可能性としては高いような気も。

なんらかのトラブルなのかもしれませんが、寄付まで募っておきながら
いまだに何のコメントもないというのは、非難されて当然でしょうね。

まあもともと自分で使う気はまったく無かったので割とどうでもいいのですが、
今後事情くらいははっきりするといいなあ。

|

« RGB24の1677万7216色のうち、YUVが表せる色の数は? | トップページ | QuickTimeでMP4を再生すると映像が崩壊しますよというお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278146/43941639

この記事へのトラックバック一覧です: Jahshaka 3.0は2012年1月末にはリリースされなかった:

« RGB24の1677万7216色のうち、YUVが表せる色の数は? | トップページ | QuickTimeでMP4を再生すると映像が崩壊しますよというお話 »